次郎岌 なだらかな道

20161021-02.jpg

私は やはりトラバースを行けるところまで行くことにしました~
なだらかな道にどんどん進めます


20161021-32.jpg

Kさんは 体力に自信ないから戻るねと
剣山 頂上を登っていくところ


20161021-33.jpg


Eさんは 私の後をついてきています

Kさんは 重たいものを持てないからと
リフト乗る前も500mlか350mlのペットボトルを持っていくか
悩んでいたので
私のリュックに入れてあげるからと言ったくらいです(笑)

Eさんのリュックも軽め 

皆必要最低限
レインコート タオル おにぎりなど スマホに 化粧道具に手袋


私のリュックの中身は 200mmの望遠レンズとカメラも追加です
もちろんもう一台カメラ


トラバースを一人歩いていると
ご夫婦に「今から次郎岌の頂上へ?」と聞かれ
リフトに乗りたいのですが
間に合いますか?と聞いたら
皆リフトは使わないのか 帰りの最終時間は知らないと言うし


ただ 剣山の頂上に戻らなくても
あの道を行けば 神社に行けるからと教えてもらい
ほっとしました


すぐに KさんとEさんに連絡とりましたが
Kさんは ほぼ頂上まで戻っていたようです

Eさんもそろそろ遊歩道コースの分岐のところまで戻るねと・・・・・


ひとり行けるところまで行ってみましょうか~~~run

月別アーカイブ

2018年

11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2017年

12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2016年

12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2015年

12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2014年

12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2013年

12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2012年

12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2011年

12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2010年

12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2009年

12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2008年

12 11 10 9 8 7 6 4
www.flickr.com


合計本日 昨日